So-net無料ブログ作成
検索選択

大相撲 木瀬親方、暴力団との過去の交際認める(毎日新聞)

 09年7月の大相撲名古屋場所(愛知県体育館)中に山口組系暴力団の複数の幹部が特別席の「維持員席」で観戦していた問題で、入場整理券の手配にかかわったとして2階級降格と木瀬部屋閉鎖の処分を受けた北の湖部屋の木瀬親方(40)=元前頭・肥後ノ海=が13日、2〜3年前まで暴力団関係者と交際していたことを認めた。

 木瀬親方は「(暴力団関係者だとは)最初は知らなかった。名古屋場所で部屋に差し入れをしてもらい、名前が書いてあって分かった。(交際したのは)1人だけ。飲食店で会ったこともある。何を差し入れられたか覚えていない」と述べた。一方で、「数年前の協会の講習会以降、付き合いは全然ない」と現在は交際がないと強調した。

 関係者によると、木瀬親方は、09年の協会の内部調査と5月27日に開かれた理事会の席で過去に暴力団と交際していたことを認めた。

 このため理事会は外部役員が主張した「解雇」処分に傾きかけたが、訴訟になって敗訴する可能性を考慮して断念。協会執行部が提案した「委員」から最下級の「年寄」への2階級降格に、木瀬部屋を出羽海一門預かりとする処分を加えることで決着した。

 日本相撲協会は処分を決めた理事会後の会見で、木瀬親方と暴力団との関係について明確に答えず、本人が過去の交際を認めていることも公表しなかった。この問題に関与した清見潟親方(64)=元前頭・大竜川=については、最も軽いけん責処分にとどめていた。

【関連ニュース
大相撲:夏場所でも組長観戦 維持員席、1月に続き
暴力団観戦:木瀬部屋親方が北の湖部屋への移籍届提出
暴力団観戦:木瀬部屋の全力士ら北の湖部屋に移籍
暴力団観戦:協会、親方2人を処分…理事の評価は真っ二つ
相撲協会:木瀬親方を2階級降格 清見潟親方はけん責処分

口蹄疫 菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合(毎日新聞)
練馬区の民家が全焼 男性の遺体みつかる(産経新聞)
わいせつ送検の前アート社会長恐喝容疑、芸能事務所元代表を逮捕(産経新聞)
祇園祭りの山鉾「孟宗山」の胴懸が約200年ぶりに新調(産経新聞)
はやぶさ、月より近く接近=今夜、地球帰還(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。